地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、板橋区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

板橋区の地域情報サイト「まいぷれ」

私が加瀬のトランクルームを選んだ7つの理由

転機はレンタルボックスとトランクルームの違いを知ったあの日の電話

きっかけは、フリーダイヤルにかけた1本の電話でした。

家族が増え、成長し、荷物が増えてしまった自宅の中を見回し、何度もトランクルームを借りようと思ったことがありました。部屋を広く使いたいという切実な願い。自宅のポストにチラシが入り、近くの高架下に設置されたコンテナを見に行ったことも。でもこの中に保管したら、夏の炎天下で収納したものが傷んでしまうのではないか…そう思うと、レンタル料を払って保管するメリットが見出せずにいたのです。

一度プロの話を聞いてみようと、テレビCMで知った“加瀬のトランクルーム”のフリーダイヤルに電話をかけてみました。そして、屋内に保管できるレンタルボックスがあり、それはトランクルームと呼ぶということを知りました。物置でも倉庫でもなく、“第二の押し入れ”としてレンタルする価値がある。そう思った7つの理由を紹介します。

1. 信頼すべき実績と進化

いままで自分の目の届くところにしか収納してこなかったものを、家から離れた場所に保管するのは、とても勇気がいることです。運営する企業への信頼がなければ、そのハードルは越えられません。
そのために、私はまず実績を重視しました。
“加瀬のトランクルーム”は、レンタルボックスとトランクルームを合わせると、現在1,300カ所65,000室を運営していて、さらに1カ月に十数カ所のペースで増加し続けているとのこと。設置場所は集合住宅が密集する地域が多く、周辺環境もよいと感じました。
ゴルフバッグやレコード、フィギュアといった趣味のものから、季節ものの衣類、布団、自転車、ベビーカー、家電、思い出の品まで、さまざまなものが保管されていることからも信頼できると思いました。

ずらりと並ぶトランクルーム。利用しやすい0.5帖や1帖のほか、さまざまな広さがある。

2. 幅広い選択肢と魅力的な価格

いろいろな企業のトランクルームを見ていて気付いたのは、“加瀬のトランクルーム”は、他に比べて低価格なこと。率直にそのことをお聞きしたところ、「トランクルームを設置する建物を借り上げて、賃料を払いながら運用する企業が多いのですが、弊社は自社ビルの中で運用し、無人で管理しているのでコストを抑えることを実現しています」とのこと。ビル内には、貸し会議室やテナントなどが同居している物件もあるそうです。
コンテナの大きさをイメージしていた私にとっては、0.2帖、0.3帖、0.5帖、1帖と、さまざまな広さの選択肢があるのは驚きでした。0.5帖(90cm×90cm)であっても、高さが210cmほどあるので、収納力がありそうです。ラックの設置もできますから、空間の使い方を工夫することで、かなり使いやすく利用できると頭の中でイメージできました。

同じ面積でも、正方形や長方形と種類も豊富。

3. 保管するものが傷みにくい環境

室内の管理状況はどのようになっているのかお聞きすると、「現場がキレイかどうか、便利に使えるのか、安心安全なのか、に注意を払っています」とキッパリ!
100室もあるトランクルームでも1日の出入りは数人だけなので、換気をして空気を回し、湿気で保管したものが傷まないようにしているそうです。人間が快適に過ごせる温度設定ということではなく、荷物に損害を与えない程度の温度設定で空調を回し続けているわけですね。
日中留守にすることが多い我が家では温度も湿度も高くなりがちなので、自宅の押し入れで保管するよりも環境がよいということがわかりました。

扉も上部も風通しのよい作りになっているので、空気の循環が見込める。

4. 警備会社が守るセキュリティ、そして補償制度

トランクルームは無人なので、セキュリティも心配です。“加瀬のトランクルーム”では、警備会社と契約し、現地に機械警備を入れています。自分のトランクルームに鍵がかかっているのはもちろんのこと、専用の鍵がないとトランクルームのスペースには入れない仕組みです。
また契約するときに保険にも入り、保険料は共益費に含まれることもわかりました。盗難や火災、漏水などが発生したときには補償される仕組みです。

トランクルームの入り口は警備会社によるセキュリティ管理がされており、専用の鍵が必要。

5. 荷物を出し入れするときの利便性

ここまでで、荷物を預けても大丈夫、信頼できるということがわかりました。
しかし、実際に荷物の出し入れをするのは自分。私は休日や夜間に車で運ぶことになるので、駐車スペースと24時間出し入れ自由は必須でした。電話でそのことを伝え、駅の近くではなく、自宅から自動車で行きやすく、駐車スペースがあるところを紹介していただきました。現地には台車が完備されているので、荷物を運ぶときに便利です。
また将来的に自分で運ぶのが困難になったときには、たとえ小ロットであっても、グループ会社である運送会社・加瀬運輸が引き受けてくださるそうで安心しました。

台車完備なので、車から荷物を運び入れるのもラクラク。

6. 契約前に納得がいくまで電話で相談

初めて借りるので、納得いくまで電話で相談に乗っていただけたことも、決め手の一つでした。
もちろんインターネットで申し込むことができるのですが、自分が預けたいものを伝えてどのくらいの広さが適切かを聞き、希望条件に合致する物件をピックアップしていただき、十分に説明を聞いて決めることができました。公式サイトからの申し込みだけではなく、郵送やFAXでも受け付けているそうで、効率だけではない、貸し手側の呼吸も聞こえる対応にホッとしました。

コンパクトな0.5帖タイプ。

奥行のある1帖タイプ。

ゆったりとした1.5帖タイプ。

7. 契約を申し込んで4日以内ならキャンセル可能

いよいよ契約という段になって、でもやっぱり見学してから決めたいとお願いしたのですが、残念ながら私が望む物件は事前の見学ができませんでした。
しかし契約を申し込んでから起算日までの4日以内であればキャンセルができるので、その間に現地を確認することができます。その結果、もしも思っていたのと違ったときにはキャンセルするか、ほかの広さの部屋に変更できるので、事前見学をしたのと同じこと。実際にこの目で見て、安心して利用を始めることができました。

 

0.5帖に引っ越し用の大きな段ボールを入れても余裕。

1帖タイプならラックを入れて空間活用をしたい。

以上が、私が“加瀬のトランクルーム”を借りた7つの理由です。
私は最初、0.5帖の部屋を借りる予定でしたが、現地確認をしたあとで1帖に変更をしました。

この目で見るまでは倉庫というイメージを持っていたのに、実際には押し入れの延長という印象です。これからラックを設置して、自宅から車で5分の第二の押し入れを仕上げていきます。

部屋をひろ~く使いたい! そう思い始めて、いつの間にか長い年月が経ってしまいました。もっと早く借りればよかった…。換気や空調の設備がついてセキュリティも入った押し入れと考えると、お金を払ってでも借りる価値あり。これが私の結論です。

自宅、勤務先、実家、それぞれの地域で探したので、そのページをリンクしておきます。ご参考まで。

加瀬のトランクルーム フリーダイヤル 0120-666-082

この記事に関するキーワード